ふりぶろぐ
Web Engineer's Blog
Mac

sftpコマンドの使い方を覚える

たまに使うのですが、毎回ググってしまっているのでまとめておきます。

概要

サーバに対してファイルを配置したり、取得したりするときに使用するのがsftpコマンド。

よく接続するサーバではCyberduckを使用してしまっているので、余り使う機会がない。

そのため、毎回忘れてググってしまっているので今回まとめておきます。

使い方

~/.ssh/configにホストが登録されている前提。

ssh接続するサーバなら基本的に登録されていると思うので大丈夫なはず。

接続

sftpコマンドでサーバに接続します。

XXXXXはconfigに登録してあるサーバのホスト名。

$ sftp XXXXX

取得

サーバからファイルを取得します。

cdとかlsとかは使えるので、それらを使ってファイルの場所を探します。

sftp> get xxxx.txt

配置

サーバへファイルを配置します。

ファイルパスはフルパスで指定するか、接続したディレクトリからの相対パスで指定してください。

sftp> put xxxx.txt

切断

sftpコマンドを終了します。

いつもcontrol + Dで切断していましたがコマンドでもできるみたいです。

どれを使っても動作は同じです。

sftp> bye
sftp> quit

まとめ

sftpコマンドの基本的な使い方をまとめてみました。

簡単なファイル転送であれば、これだけで済みそうです。

基本的にはgetとputだけなので、それほど覚えるのも大変ではなさそう。

これからは調べなくても使えそうです。

ABOUT ME
りーふ
たまにブログを書いてるWebエンジニア。 サーバーサイドメインでインフラとフロントエンドもたまにやります。 Javaが得意。 Play Frameworkが好き。 本業は迷惑をかけない程度に手を抜くスタイル。 意識高い系は苦手。